口の中の雑菌をつねに殺菌し、増殖を抑える働きがある

口臭のほとんどは口の中の汚れが原因です。 口のニオイの原因は、そのほとんどが貴べ物のカスや雑菌。こう聞くと、きちんと歯みがきをすれば大丈夫と思いがちですが、じつはそれだけでなく、だ液の量によってもニオイは左右されます。

だ液には、口の中の雑菌をつねに殺菌し、増殖を抑える働きがあります。だから、その量が少ないと、菌が繁殖してニオイが発生するのです。睡眠中はだ液の分泌が減るので、寝起き直後はだれでも口がにおうものですが、朝食を抜いたり、食べてもよくかまなかったりすると、だ液の分泌が促進されず、口の中は乾いたまま。口呼吸をしたり話す機会が少ない人も、同様に口が乾きやすくなります。

また、汚れや雑菌が歯についてできる歯垢や歯石も口臭のもとなので要注意。虫歯や歯周病になると、さらにニオイが強くなります。口のお悩みこれで解消です。だ液の分泌は、舌や歯を含めた口全体を刺激することで促されます。食べ物をよくかむと、だ液がたくさん出てくるのと同じこと。

ふだんから意識して口を動かすようにしましょう。ガムや人とのおじやべりは口臭予防にぴったり。 歯をカチカチ鳴らす、舌をグルグル回す、「パピプペポ」と繰り返すお口体操も効果的です。「梅醤番茶」寝起きー番の口臭によく効くのがこれ。湯のみに梅干しを1個人れ、しょうゆを1滴。そこに熱い番茶を注いで飲んでみましょう。口の中がすっきりとするだけでなく、だ液の分泌も活発にします。

そういえば、おじさんがムーヴを下取り相場より高く売ったと喜んでました。
参考までにこちら→ ムーヴ 下取り相場